banner

事故車の疑問

事故車 × 1 買取 × 1 アライメント × 1

万が一事故をしてしまった時、まずは修理をした方がいいのかどうか、考えてしまいます。
修理費が大きな金額になれば「廃止」の二文字が頭をよぎりますが、事故車でも買取をしてくれますから、まずは買取をしてくれる業者を探すことが大事です。例えば、足回りに大きな損傷をうけてアライメントが大きく狂ってしまったような場合でも買取業者に相談すればレッカーサービスで引き取ってくれます。

特に、高年式車や高級車にはかなり高額な買取価格がつくこともあります。さらに買い取りをする金額も業者によって随分違いますので、まずはネットや電話帳などで何社か問い合わせをして見ることが大事です。

この時に大事なのが他の業者に問い合わせをしていることを先に伝える方が買取価格に有利な場合と少し不利な場合がありますので、まずは何も伝えずに問い合わせをして、見込みのありそうな査定金額が提示された場合は、更なる高価買取を希望していることを伝えましょう。これらの買い取り価格は査定をするスタッフによってもバラツキがあるぐらいなので、交渉次第では金額が変わることなども、かなりあります。

それから事故車のなかでも大きな損傷の状態が見受けられるために買い取りを諦める方もいますが、事故の影響のない部位がしっかりとあればたとえ廃車が間違いないような事故車でも残りの綺麗な部位を部分的にパーツとして販売することもできるので十分買い取るメリットがあります。

買い取りをされた事故車はどのような価値があるのかというと、部分的にパーツを販売することで、保険を使って修理をしない、いわば自腹で修理をするユーザーにとっては修理費を圧縮するためには中古パーツはなくてはならないものだと言えます。

さらに車の内装などの事故の影響を受けにくい部位などはかなりの中古パーツとして販売されることが多いです。
しかも、コンピューターなどの精密機器は高値で販売されることがあり、しかもこれらの部品は場所をとられず、在庫の管理もしやすく販売する側にとっては特に収益性の高い商品になりますし、保管方法を気をつければ経年劣化をすることもなく長期在庫をしてもデメリットが少ないのです。

それから、様々な部品を剥ぎ取られた車は最終的には貴重な工業資源として新たな自動車などの工業製品に生まれ変わりますが、輸入した材料と違い運送コストも安く済む上に再使用する鉄などの方が高い品質のものにすることができます。

Copyright(c) 2014 事故車の退避方法から事故車買取まで、事故車についての豆知識 All Rights Reserved.